セーフティーネットとして役立ってくれる機能があるかどうかでがん保険について考えておいても損はない

がん保険加入の必要性

みなさん生命保険について一度は聞いたり、検討したことがあるでしょう。現在約8割の人が何らかの生命保険に加入しています。
内訳として、医療保険に加入している方は8割いるのに対し、がん保険に加入している方は年々増加傾向にあっても約3割程度にとどまっています。

日本人の死亡率第一位は「がん」です。さらに医学の進歩で治る病気にもなりつつあります。そして、今は抗がん剤治療や放射線治療を通院で行える時代になりました。
治せるものなら治したい、それが本音ですよね。しかし、がんの治療は予想以上に高額になってしまったり、通院費が増加してしまったりと、経済的な不安が出てくるのも事実です。そんな時に頼りになるのががんに特化しているがん保険なのです。

がん保険はがんと診断確定された時にもらえる診断給付金だったり、入院を伴わない治療通院の補償だったりと、普通の医療保険ではカバーできない補償が組み込まれています。
さらに、がんでの入院の場合は、日数無制限で補償してくれる会社がほとんどです。

ここでひとつ注意していただきたいのが、がん保険には補償待機期間というものがあり、この待機期間中にがんの診断が出てしまうと保険契約自体が無効、つまり補償が受けれなくなってしまいます。ですから、がんにかかっていない今、ご検討していただきたいと思います。
医療保険にプラスすることで、もしもの時の安心もプラスされることでしょう。キレイモキャンペーン